若鷲の歌

昨日のNHK朝ドラ「エール」をご覧になった方は聴かれたと思いますが、主人公のモデルの古関裕而先生作曲で作詞はあの西条八十先生という戦時歌謡の名曲中の名曲ですね。予科練習生徒は頭脳明晰、心身共健康で非常に優秀な若者達なのですが、大東亜戦争末期には予科練出身者のほとんどは特攻隊員として散華して逝くんですね😢💧

若い血潮の 予科練の

七つボタンは 桜に錨

今日も飛ぶ飛ぶ 霞ヶ浦にゃ

でっかい希望の 雲が湧く

♪若鷲の歌は勇ましさの中にどこか哀愁を帯びていて聴いていて胸が痛みます

因みに私は古関裕而先作曲の ♪暁に祈る ♪海の進軍 も大好きです(^_^)